【重要】サービス終了のお知らせ

【OW2】おすすめフレンド・パーティ募集方法6選!フレンドの作り方は?募集ってどうやるの?

  • URLをコピーしました!

「パーティを組んでランクを回したい!」
「初心者同士や、同じ強さの人と一緒にプレイスキルを高めていきたい」
「募集はよく見かけるけど、どうやるんだろう?」

YouTubeなどでもオーバーウォッチ2の配信している方も多く、フレンド同士でボイスチャットで会話しながらわいわいと遊んでいて楽しそうですよね。
誰かと一緒に遊びたいけど、オーバーウォッチを初めて遊ぶからフレンドがいない、知らない人とフレンドになるのは怖いと思う人もいるでしょう。

そこで今回は、はじめてフレンド・パーティ募集にもおすすめできる6つの募集方法について、メリット、デメリットを含めてご紹介します。
読んでいただければそれぞれの募集方法の特徴を理解でき、自分に適した方法はどれなのか選べるようになります。
それではさっそく見ていきましょう!

目次

「フレンド募集」と「パーティ募集」

「オーバーウォッチ募集」と言っても、一般的に「フレンド募集」と「パーティ募集」の2種類に分かれます。
あなたが募集したいのは、どちらになるのか決めましょう。

フレンド募集とは

今後もオーバーウォッチ2を一緒に遊ぶフレンドを募集することです。
最初にフレンド募集をする場合は、具体的な日程を決める必要はありません。
フレンドになってから、ゲーム内でパーティを組んだり、Twitterなどで声をかけて遊ぶことができます。

パーティ募集とは

オーバーウォッチ2を今後も一緒に遊ぶかは別として、とりあえず1回だけ一緒に遊ぶパーティメンバーを募集することです。
パーティ募集の場合は、具体的な日時を決めて一緒に遊びます。
実際には、1回遊んで気が合った場合にはフレンドとして長く付き合うことも多いです。

おすすめフレンド・パーティ募集方法

ここからは、数多くの募集方法の中から厳選したおすすめの方法をご紹介します。

Twitter

Twitterは日本の月間アクティブユーザー数は4,500万人以上と国内最大級のSNSです。
また、ゲームとの相性が良く、多くのゲームユーザーが利用しています。

ユーザー数が多く、DMやリプライなどのコミュニケーション手段が簡単に取れるため、フレンド募集やパーティ募集が盛んに行われています。
特にフレンド募集は広範囲に渡り、多くの募集があるため、フレンドを探すのに最適なプラットフォームです。

Twitterはオープンな場であるため、どのような人がどのような募集をしているかを確認することができます。
少し覗いてみるだけで募集内容を確認したり、イメージを掴んだりすることができます。

ただしTwitterはゲーム専用のコミュニティではないため、ゲームの募集に関係のない情報も多くあります。
募集が埋もれたり、探しにくくなることもあるため注意が必要です。

Twitter募集のメリット

  • 国内最大級のSNSでゲームユーザーが多い
  • プロフィールや過去ツイートからどんな人かわかる
  • リプライやDMでコミュニケーションがとりやすい

Twitter募集のデメリット

  • 数が多すぎて募集ツイートが埋もれる、探しきれない
  • ゲーム専用ではないので関係のない情報が多い
  • 募集内容の詳細や、まだ募集中なのか状況が分かりづらい

Twitter募集について、具体的な募集方法や探し方など詳しく知りたい方は「【OW2】Twitter募集が分かる!フレンド・パーティ募集のやり方、探し方。」をご覧ください。

Twitter募集でよく使われる自己紹介カードもまとめて紹介しているので気になる方はチェックしてみてください。

あわせて読みたい
【OW2】Twitter募集が分かる!フレンド・パーティ募集のやり方、探し方。 「オーバーウォッチ2の募集を見かけるけど、どうやって参加すするの?」「自分で募集するときには、何を書けばいいんだろう」「ハッシュタグがたくさんあって、よく分か...
あわせて読みたい
【オーバーウォッチ2】11種|自己紹介カード・履歴書のテンプレまとめ 『オーバーウォッチ2』の自己紹介カード・履歴書のテンプレをまとめてご紹介します。作成ツールと配布テンプレそれぞれ紹介していくので、お気に入りの自己紹介カードを...

Gamue

「Gamue(ゲーミュー)」は、ゲームのマルチプレイを手軽に楽しむことを手助けするサービスです。

これまでTwitterやDiscordで情報がごちゃごちゃしていたけど、Gamueならポチッと募集を作って、すぐにピッタリの仲間が見つけられます。

募集内容もリアルタイム更新で、「まだ募集しているのかな?」と心配する必要もなし。募集状況や参加者情報がすぐにわかるから、安心して参加できます。

手間いらずのマッチングも魅力。面倒なメッセージのやり取りなしで、ボタン一つでサクッと参加やキャンセルができます。

ニッチなゲームファンも大丈夫。複数の日程で募集ができるので、一緒に遊べるフレンドが見つかる可能性大!新しいゲーム仲間を見つけてみましょう!

Gamue募集の特徴・メリット

  • かんたん募集:分かりやすい募集内容で、あなたにあったフレンドを見つけられます。
  • リアルタイム:募集状況、参加者情報など必要な情報をリアルタイムでお知らせします。
  • 面倒なやりとりなし:かんたんなボタン操作で、すぐに募集・参加ができます。
  • 複数人や複数日程に対応:人数や日時を指定して、あなたの予定に合わせてに気軽に遊べます。
  • X(旧Twitter連携):Xアカウントでログインするだけで使えます。

Discord

Discordは主にゲーマー人向けに作られたツールで、ゲームをするときには最適なコミュニケーションツールとして使われています。

Discordには、1対1で話すことができるDM機能もありますが、一般的には「サーバー」と呼ばれる招待制のグループに入ることが多いです。
招待制と聞くと敷居が高いように感じるかもしれませんが、たいていはSNSやウェブ上で公開されている「招待リンク」から自由に入れるサーバーが多いので、気軽に参加できます。

例えば「オーバーウォッチ2のサーバー」に入れば、オーバーウォッチ2を遊んでいる人たちと繋がって、サーバー内でフレンド募集やパーティ募集をしたり、VCを使って一緒にゲームをすることができます。

ただし、入るサーバーによっては、人数やコミュニケーションの活発さ、雰囲気などがバラバラなこともあるから、実際に入ってみて自分に合っているかどうかを確かめることが大切です。

Discord募集のメリット

  • オーバーウォッチ2を遊ぶプレイヤーが集まっている
  • チャット形式でリアルタイムにコミュニケーションが取れる
  • パーティ募集をして、そのままVCを繋いでプレイできる

Discord募集のデメリット

  • Twitter等のオープンな場と比べるとユーザーが少ない
  • サーバーの雰囲気が自分に合っているか参加してみないと分からない
  • 閉じられたコミュニティなので人間関係が面倒と感じることがある

オーバーウォッチ2のサーバーの探し方

オーバーウォッチ(無印)のサーバーが2でも使われていたり、新たなオーバーウォッチ2のサーバーが続々と立ち上がっています。
ディスボード」というDiscordサーバー検索掲示板からオーバーウォッチ2のサーバー一覧をみることができるので、この中から気になったものに参加してみると良いでしょう。
サーバー内の雰囲気や、募集の多さなどは実際に参加してみないとわからないこともあるので、まずは参加してみることをおすすめします。

あわせて読みたい

Discordでフレンド・パーティ募集

Discordは高機能でいろいろカスタマイズできるため、使い方やルールはサーバーによって様々です。
一般的には、雑談・フレンド募集・パーティ募集・ボイスチャットなど用途によってサーバー内にチャンネルが別れていることがほとんどです。
サーバーに参加すると利用ルールや注意事項などが書かれていることが一般的なので、参加したらまず確認しましょう。

Discordパーティ募集のイメージ

LINEオプチャ

LINEのオープンチャットは、LINEの友だちじゃない人たちともLINE上で交流できる機能です。
普段使ってるLINEと同じ感覚で使えるから、新しいアプリをダウンロードしたり使い方を覚える必要もありません。

オープンチャットは匿名で参加できますが、普段使ってるLINEのプロフィール情報は表示されないので安心です。

例えば「オーバーウォッチ2のオープンチャット」に参加すれば、そこにはオーバーウォッチ2をプレイしている人が集まっているので、そこでフレンド募集やパーティ募集ができるます。
また、ゲームの攻略情報やトレンドに関する話題を共有したり、ゲーム仲間とワイワイ雑談することもできます。

LINEオプチャは気軽にやり取りができて反応も早く、TwitterやDiscordよりもコミュニケーションが活発な印象があります。
ただし、オープンチャットによって参加人数や雰囲気は違うので、実際に参加して過去のやり取りを見てみることをおすすめします。

LINEオプチャ募集のメリット

  • オーバーウォッチ2を遊ぶプレイヤーが集まっている
  • チャット形式でリアルタイムにコミュニケーションが取れる
  • 気軽にやり取りができて、ゲーム仲間のみんなとわいわい盛り上がれる

LINEオプチャ募集のデメリット

  • 細かいリアクションや、ゲーム以外の雑談が多い
  • 1日で1,000件以上のチャットが行われることもあり、全ては見きれない
  • オプチャの雰囲気が自分に合っているか参加してみないと分からない

オーバーウォッチ2のLINEオプチャの探し方

オーバーウォッチ2のLINEオプチャの探し方は次のとおりです。
PC限定、初心者歓迎、20歳以上など、さまざまな種類があるので気になるオープンチャットに参加してみましょう。

  1. LINEアプリの「トーク」タブの右上「オープンチャット」のアイコンをタップ
  2. オープンチャット画面の「検索フォーム」に「オーバーウォッチ2」と入力
  3. オーバーウォッチ2のLINEオプチャ一覧が表示される

LINEオプチャでフレンド・パーティ募集

LINEオプチャ参加するとルールや注意事項などのアナウンスを確認できるので、まずは参加してみて、ルールを確認しましょう。そこまでガチガチのルールが有るわけではなく、関係ない話や誹謗中傷はやめましょうといった内容がほとんどだと思います。

フレンド募集・パーティ募集をする際は、基本的にチャットで声をかけて、やりとりをしていくことになります。
LINEオプチャに参加すると、それまでの過去のやりとりも見ることができるので、どのような雰囲気で募集が行われているか実際に確認してみることをおすすめします。

掲示板

オーバーウォッチ2を一緒にプレイするフレンドを探すために、ネット上には様々な募集掲示板があります。
これらの掲示板に自分のIDを書き込んで募集すると、興味を持ったユーザーがフレンド申請を送ってきたり、Discordサーバーに参加して一緒にプレイすることができます。

掲示板は手軽に匿名で募集をかけることができるのが魅力です。
ただし、事前のやり取りやプロフィールの確認をすることはできないため、どんな人でも楽しくプレイできる人が向いています。

また、掲示板への投稿や返信については、メールやLINEの通知は来ないため、リアルタイムにやりとりすることは難しいです。
そのため、一緒に遊ぶ日時を事前に調整する必要があります。

掲示板によって異なりますが、フレンド募集の書き込みはあまり多くはなく、パーティ募集に向いている掲示板が多い傾向があります。

掲示板募集のメリット

  • 会員登録やログイン不要で匿名で募集できる
  • アプリのダウンロード不要でスマホやPCのブラウザから利用できる
  • 余計なコミュニケーションがいらない

掲示板募集のデメリット

  • お互いにプロフィールやどんな人か確認できない
  • 掲示板によっては投稿数が多く埋もれてしまう
  • リアルタイム性が低く、まだ募集中なのか状況が分かりづらい

オーバーウォッチ2のおすすめ掲示板

ネットにはいくつかオーバーウォッチ2の掲示板がありますが「モジパーティ」がおすすめです。
オーバーウォッチ2以外にも多くのゲームの募集が行われておりユーザー数が多いため、これから募集が活発になってくると思います。

プラットフォームごとに掲示板が分かれているので、ご自身が利用されているプラットフォームの掲示板を確認しましょう。

モジパーティはID情報を一定期間で自動削除する機能があります。
ID情報をネット上にずっと残すことに抵抗がある方も安心して利用することができます。

参加型企画

YouTubeやTwitchなどの動画配信サイトでは、配信者と視聴者が一緒に遊ぶ参加型企画が行われています。
一部の配信者は何万人もの視聴者を集めますが、数人から数十人のコミュニティで視聴者と一緒に遊ぶ配信者もたくさんいます。

参加型企画はフレンド作りよりも実際に一緒に遊ぶことが主目的となるため、パーティ募集に近いものです。
配信と聞くとちょっとプレッシャーを感じるかもしれませんが、これまで説明したパーティ募集とは異なる楽しみ方ができます。

もし配信者と一緒に遊んでみたいけれども、いきなり参加するのはちょっと怖いと感じる場合は、何度か視聴してからコメント欄などでコミュニケーションをとってから参加することで、スムーズに参加できます。

視聴者参加型企画のメリット

  • 配信者と一緒に遊べる
  • ほかの視聴者とも仲良くなれる

視聴者参加型企画のデメリット

  • 自分のプレイやボイスチャットが配信される
  • 募集状況によっては参加できないこともある

オーバーウォッチ2の参加型企画の探し方

動画配信サイトで「オーバーウォッチ2 参加型」と検索すると、現在配信中の参加型企画を探せます。
また、Twitterでは参加型企画の告知・募集を行っていることが多いので、これから行われる参加型企画の募集はTwitter検索で探してみると良いでしょう。

参加型企画の注意点

配信者によって参加ルールが定められていることがあるので、概要欄などを確認するようにしましょう。
参加方法がわからない場合は、挨拶とあわせて「初めてですが、参加してもよいですか?」などと尋ねてみると良いでしょう。

一緒に遊びたい配信者を見つけたけど、いきなり参加することに抵抗を感じる方は、何度か配信を見に行ってコミュニケーションをとってから参加すると良いかもしれません。

募集・申請時の注意事項

募集方法は分かったけど、それでも知らない人と一緒に遊ぶのはちょっと怖いという方もいるでしょう。
トラブルを避けて気軽に募集・申請するために次の3つのポイントをチェックしておきましょう!

  • 募集条件を明確にする
  • IDや個人情報の取り扱いには注意する
  • 嫌なことがあっても気にしない

募集条件を明確にする

まず、自分が探している相手がどういう人なのか明確にしましょう。
例えば、初心者同士で遊びたい、女性同士で遊びたい、社会人同士で遊びたいなどです。

募集する側、募集を探す側ともに、募集条件がしっかり書いてあることで、お互いにミスマッチングを避けることができます。
どの募集方法も気軽に行えますが、テキトーな募集はせず、まずはしっかり募集条件を明確にしましょう。

IDや個人情報の取扱には注意する

ゲームのユーザーIDは、募集時に掲載されていることも多いですが、募集方法によっては必須ではありません。
気になる人はゲームアカウントに紐づく「ユーザーID」は不特定多数の人に見られる募集には載せず、個別のDMなどでやりとりでするようにしましょう。

またゲームの「ユーザーID」と他のLINE、TwitterなどのSNSのIDが同じの場合、それらも追跡される可能性があることもあるので、IDは別のものにしておいたほうが良いかもしれません。

また、当たり前ですが不特定多数に見られる可能性がある募集に、氏名・電話番号・メールアドレスなどの個人情報を公開しないように注意しましょう。

嫌なことがあっても気にしない

上記2点を抑えていてもプレイスタイルや相性が合わず、嫌な思いすることがあるかもしれません。

そういうときは気にしないことが一番です。

暴言や煽りなどをされたら、VCオフにしてフレンド解除してそっとしておきましょう。
ゲーム上で出会った知らない誰かのことを気にする必要も、関わる必要もありません。

もっと素敵なプレイヤーと楽しく遊びましょう!


今回はオーバーウォッチ2のフレンド・パーティ募集についてご紹介しました。
1つに絞らず、複数の方法を並行利用しても良いと思うので、いくつか試しながら自分にあった募集方法を探してフレンドを作ってみてください。
それではみんなでオーバーウォッチ2を楽しみましょう!

目次